検索
  • 3cshiki

日課について1

更新日:2021年1月27日

今回は運動の後に行われる日課活動についてです。

日課活動とは、毎日決まって行われる活動の内容になります。

ワーキングメモリの苦手な発達障がいの子供たちは、毎回新しいことを教えられる事が苦手でもあります。


それで時間と内容をあらかじめ決めた上で同じ活動を行っていくのです。

そうすることにより以下の効果が生まれます。


①活動が記憶に定着する。

②先生が指示を出さなくても活動できるようになる。

③今からやることに見通しが立つようになる。


一気に新しいことはできないので、徐々に変化を加えていくことで、

新しい活動も無理なくできるようになっていきますよ。

閲覧数:76回0件のコメント

最新記事

すべて表示

早いもので開業してから1年を経過し、施設内も大分賑やかになってきました。 4月に入って子供達も一学年上がり、それぞれに成長が見られます。また、新一年生は4月、5月が一つの山場で今までの環境が一変されるので、お家の方々も踏んばりどころですね。 今年は今の所コロナで、自宅で勉強ということもなさそうなので、少し安心しています。 気候的にも不安定な時期でもありますので、お子様の感情にも色々と影響してくると